医療機器AEDとは

医療機器のAEDの費用について

医療機器AEDの維持費用

AEDとは自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)という医療機器の略称です。心臓がけいれんし、血液を流すポンプ機能を失った状態 (心室細動) になった心臓に対して、電気ショックを送り、正常なリズムに戻します。医療機器ですが、一般市民でも使いやすいように、ガイダンスが流れるなどして、操作が自動化されています。多くの公共施設や駅などに設置されていますが、購入するためには、一台20〜30万円近い費用がかかるため、メーカーからのレンタルという形をとっているところも多いようです。

機器の費用について知る

患者を受け入れる医療機関の設備の中でも、建屋を除けば、医療機器の費用の占める割合は大きなものになります。診療科目にもよりますが、機器によっては億単位のものまで導入されていることもあります。元を取るという点では、数年間にわたり機器を使った検査などをおこなうことで返済は完了しますので、決して高い買い物という訳ではありません。ただ、出来るだけ早く返済を済ませようとするあまりに、必要性の乏しい検査を強行するといったことは許されることではありません。医療機器は、あくまで患者の疾患を正すための補助として位置付ける必要があります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 医療機器のAEDの費用について All rights reserved