医療機器の保守点検

医療機器の保守点検とは

医療機器の保守点検費用が必要

医療現場で使われる機械器具のうち保守点検が義務付けられているのが特定保守管理医療機器です。医療法によって施設ごとに安全管理責任者の設置が義務付けられています。安全管理責任者は、その施設で使用している機器に対して必要な点検を確認する必要があります。内容によっては日常点検など自ら行う必要があるものもあります。業者による保守点検が必要な場合もあり、費用がかかることもあります。医療機器のメーカーである製造販売業者に必要事項を提供してもらい、いざという時に使えないことのないよう年間のメンテナンス計画を策定することが重要です。

導入に費用が係る機器

医療機器はリスクの大きさで3つの種類に分けられます。副作用や機器の機能に障害があった時、生命に甚大な影響を及ぼすもの、透析の装置や人工呼吸器など。副作用や機器の機能の障害でそれほどではないが生命に影響が及ぼすおそれのあるもの、MRI、腹腔鏡など。そして一般機器である聴診器や対外診断装置などに分かれます。いずれも金額は効果で導入には費用が係ります。これは一度にたくさん需要があるものではなく大量生産ができないことが原因です。このため最近では同じ医療機器を多くの施設がまとめて発注しコストを安くしたり、中古品の販売が活発になっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 医療機器のAEDの費用について All rights reserved